特集一覧
Tom Dwanのポーカーキャリアまとめ!トムドワンの総資産は?現在は?

Tom Dwan (トムドワン)って一体何者?

ポーカーでいくら稼いだの?

ゆうた
ゆうた

Thomas Dwan Jr. (トムドワン) は、超高額のオンラインポーカーサイトで、「durrrr」というスクリーン名でプレーしたアメリカのプロポーカープレーヤーです。

主に遊んでいたゲームは超高額のノーリミットテキサスホールデムとポットリミットオマハ。

ドワンはライブ (オフライン) のポーカートーナメントで賞金を獲得したほか、下記のような数々な著名なテレビ番組に出演しました。

✔トムドワンが出演したテレビ番組
  • 全米ヘッズアップポーカーチャンピオンシップ
  • Poker After Dark
  • Full Tilt Pokerのミリオンダラーキャッシュ
  • GSNのHigh Stakes Poker

今回の記事では、そんな世界的に有名なポーカープレーヤーTom Dwan (トムドワン) を紹介します。

ドワンのポーカーキャリア、総資産や現在、素晴らしいプレーも触れていくので、ぜひ最後まで読んでください!

Tom Dwan (トムドワン) の生い立ち

Tom Dwan (トムドワン) の生い立ち

ドワンは1986年7月30日にニュージャージー州エジソンで生まれました。

彼はボストン大学の工学部に入学しましたが、1年後に中退してポーカープロとしてのキャリアをはじめました。

親に「プロのポーカープレーヤーになる」と相談したとき、特に反対されることはなかったようです。

Tom Dwan (トムドワン) のポーカーキャリア

言わずと知れた世界的ポーカープレーヤーのトムドワン。

大学でに入学してわずが1年で中退して、ポーカー人生を歩み始めました

ここでは彼がどうやってポーカーを始めたのか、どういう経歴を残しているのかを紹介していきます。

トムドワンはオンラインポーカーから始めた

オンラインポーカー

ドワンは$50 (約5,000円) のバンクロール (資金) でオンラインポーカーを始めました。

そう、彼の偉大なポーカーキャリアは全てオンラインでたったの5,000円から始まったのです。

ゆえに、彼は未だにスクリーンネームであった「durrrr」で呼ばれていることが多い。

彼は当初、Sit & Go(ポーカーの種類の1つ)のトーナメントに焦点を当て、その後マルチプレイヤーキャッシュゲーム (リングゲーム) に切り替え、次にヘッズアップ(1対1)キャッシュゲームに切り替えました。

超高額オンラインポーカーを追跡するサイトであるHighStakesDB.comによると、ドワンはFull Tilt Pokerで2007年に312,800ドル、2008年に541万ドル勝ちました。

2007年のWorld Serious of Pokerの前に、ドワンは4か月の間に彼の300万ドルのバンクロールのうち200万ドルを失ったことを公言しました。

オンラインポーカー

彼は1年以内にこの損失から回復しました

そしてまた、2009年1月にはドワンは350万ドル以上を失い、6か月後にまた回復しました。

とんでもないジェットコースターですね。まさにギャンブラー

オンラインポーカー

しかし、2009年10月下旬から12月下旬にかけて、ドワンは当時最大のダウンスイングに見舞われ、フィルアイビー、イラリサハミーズに約200万ドル、19歳のスウェーデン人のプロヴィクター・ブロム (別名: Isildur1) に500万ドル負けました。

2009年11月中旬、ブロムはドワンに1対1のノーリミットホールデム・キャッシュゲームに挑戦しました。

一度に6つのテーブルで同時に開催され、100万ドル以上がプレーされます。

2009年の終わりに、HighStakesDB.comは、Dwanが2009年に435万ドルを負けたことを発表しました。

これにより、2007年1月以降のFullTiltでのオンラインポーカーの累積賞金は約140万ドルに減少。

トムドワンはオンラインポーカーから始めた

しかしその後、2009年12月にドワンはまた270万ドルを勝ちました。

同じサイトによると、ドワンは2010年の最初の数か月で2009年の損失を取り戻しただけではありません

彼は2010年4月の最初の2週間で160万ドルを獲得したと報告されており、4月21日の時点で勝ち分は730万ドル以上になりました。

しかし、ドワンは次の3週間で約400万ドルを失い、2010年の収支は約330万ドルに落ち着いた様子。

トムドワンとTeam Full Tilt(フルティルト)

トムドワンとTeam Full Tilt(フルティルト)

2009年11月、ドワンはチームFull Tilt(アイルランドのオンラインポーカーカードルームおよびオンラインカジノ)のメンバーになりました。

2012年10月15日にサイトのブランドアンバサダーとして再署名しました。

2013年12月、フルティルトポーカーはドワンと「直近の契約満了後、契約延長しないことに合意した」と発表しました。

トムドワンのトーナメントの経歴

19歳のとき、ドワンは初めてライブトーナメントで賞金を獲得しました。

ロンドンで開催された、ヨーロッパポーカーツアーのセカンドシーズンの「3,000ポンド ノーリミットテキサスホールデム」メインイベントで12位になり、7,000ポンド($ 12,398)を獲得したのです。

彼が次に賞金を獲得したのは、彼が21歳になったときでした。

ワールドポーカーツアーの2007年ワールドポーカーファイナル「$ 9,700ノーリミットホールデムチャンピオンシップイベント」で、見事4位になり$ 324,244を獲得しました。

2008年1月には、クラウンオーストラリアポーカーチャンピオンシップ「A$ (オーストラリアドル)  3,000ポットリミット(オマハポーカー・リバイ)イベント」で見事2位となり$90,716を獲得しました。

トムドワンのトーナメントの経歴

彼の2008年の活躍はまだまだ止まりません。

その後、$10,000ノーリミットホールデム・メインイベントで62位になり$21,976を獲得。

そして、ドワンは2008年 WPTボルガタウィンターポーカーオープンの予選「$ 5,000ノーリミットホールデムイベント」でジェームズ・マイケル・ソワーズに次ぐ2位でフィニッシュし、$ 226,100を獲得しました。

ドワンは初年度に2回も賞金を現金化することができ、アメリカで開催された「ワールドシリーズオブポーカー(WSOP)イベント」に参加することができました。

そして、2008年ワールドシリーズオブポーカーの「$10,000 ワールドチャンピオンシップミックスドイベント」でファイナルテーブルに到達し、見事8位となり、$54,144を獲得しました。

ただ、8位満足できなかった彼は新たに7人プレイヤーを集め、もう一回ファイナルテーブルを作り挑戦しましたが、結局この回も再び8位で終わってしまいました。

最終的に彼はこの「$ 5,000ノーリミット2-7(ドローウィズリバイ)イベント」で、$45,110を獲得しました。

トムドワンのトーナメントの経歴

その後ドワンは、シーザーズパレスラスベガスで開催された2008年NBCナショナルヘッズアップポーカーチャンピオンシップに参加。

最初の試合でフィル・ヘルムスをサードハンドで破りました。しかし、次のラウンドでマイク・マトゥソフに敗退。

2008年のファイブスターワールドポーカークラシック($25,500 WPTチャンピオンシップ)で、ドワンは9位でフィニッシュし、$184,670を獲得しました。

2010年のワールドシリーズオブポーカーの「$1,500ノーリミットホールデムイベント」で、ドワンは2位となり、$381,885を獲得しました。

2011年、ドワンは2011年ワールドシリーズオブポーカーで3回の賞金獲得に成功。

これには「$10,000H.O.R.S.Eチャンピオンシップ」で5位となって獲得した賞金$ 134,480も含まれます。

2019年3月の時点で、彼のライブトーナメントの賞金総額は310万ドルを超えています。

トムドワンのトーナメントの経歴

2017年、ドワンはマカオのバビロンカジノで開催された「マカオビリオネアズポーカー2017スプリングチャレンジ」に参加しました。

3月17日から3月20日まで、スーパーハイローラーをプレイし、ドワンはベラルーシのミキタバジアコウスキとの決勝戦で敗れました。

しかし、ドワンは$275,000もの賞金を獲得しました。この額は、2014年2月の彼の最初のライブキャッシュトーナメント以来の金額です。

トムドワンといえばキャッシュゲーム

トムドワンといえばキャッシュゲーム

ドワンは以前、110万ドル以上というテレビ史上最大のポットの記録を保持していました。

これはテレビ放映されたフルティルトポーカーのミリオンダラーキャッシュゲームの第4シーズン中に発生した記録。

この記録は、以前ドワン自身が保持していたハイステークスポーカーの第5シーズンでの獲得賞金$ 919,000を超える記録でした。

2016年の時点で、ドワンはマカオとマニラでハイステークスキャッシュゲームをプレイすることに多くの時間を費やしています。

Tom Dwan (トムドワン) の100万ドルチャレンジ

Tom Dwan (トムドワン) の100万ドルチャレンジ

2009年1月、ドワンは100万ドルチャレンジの挑戦状を出しました。

そのルールは「フィル・ガルフォンドを除いて」、$200/$400以上のノーリミットホールデムまたはポットリミットオマハで5万ハンド4テーブルをプレーすること。

対戦相手が50,000ハンド後に勝ち越している場合、ドワンはさらに150万ドルを与えると宣言し、一方でドワンが勝ち越している場合、彼は50万ドルを獲得するというルールです。

そう、ドワンにとって圧倒的不利なルールになっています。

Tom Dwan (トムドワン) の100万ドルチャレンジ

パトリック・アントニウスとダニエル・ケイツはドワンにチャレンジしましたが、どちらのチャレンジも最後まで終わりませんでした

2013年10月、ケイツは約20,000ハンドのプレイの後、約120万ドルをリードしていました。

Tom Dwan (トムドワン) の100万ドルチャレンジ

しかしそれ以来、ドワンはプレーをやめてしまいケイツの呼びかけにも反応しなくなってしまいました。

2017年8月、ドワンはプレーを放棄したことに対して約800,000ドルの罰金をケイツに支払いました

フルティルトポーカーでのドワンの100万ドルチャレンジ

ドワンの100万$チャレンジは、フルティルトポーカーでの「ドワンの100万$チャレンジ (500ハンドのライブヘッズアップフォーマット)」となりイベント規模が拡大していきました。

このイベントは、2009年11月17日~19日までロンドンのレザンバサドュールクラブで開催され、スカイスポーツによって放映されました。

フルティルトポーカーでのドワンの100万$チャレンジ

チャレンジのルールは、各プレーヤーが$250,000の場代を支払い、ブラインドは$500/$1,000。

各対戦相手はテキサスホールデムまたはポットリミットオマハ (PLO)のいずれかをプレーすることを選択できるというものでした。

また、少なくとも500ハンドが完了するか、どちらか1人が手持ち金をすべて失いチップを再度購入しないと決めるまで試合は続きます。

ドワンの対戦相手は、マルチェロ「ラックエクスプレス」マリリアーノ、イラリ「ジグムンド」サハミー、サミー「エニーツー」ジョージの3人でした。

ドワンとマリリアーノの試合は最初はテキサスホールデムで行われましたが、終盤はふたりの同意の上でポットリミットオマハに変更。

マリリアーノによる2つのブラフに負けたことが原因でドワンは敗れ$22,500を失いました

サハミーとの2回戦では、ポットリミットオマハのみの勝負。

ドワンとサハミーのオンライン時代を考えると、試合は驚くほどスローペースで始まりましたが、予想通りふたりとも最終的にはアグレッシブになりました。

両プレイヤーのブラフの積み重ねで、何度か大きなポットが発生しました。12時間後、試合はドワンが$68,000を獲得して終了しました

最終ラウンドでは、テキサスホールデムのみでドワンがジョージと対戦しました。

試合中、両者は7-2プロップベットに同意しました。プレーヤーが7-2でポットを獲得した場合、追加の$10,000を獲得するルールです。

この時、ドワンはたった$162,000のポットに$479,500をオールイン!

テレビポーカーの歴史の中で最も記憶に残るブラフの1つになりました。

フルティルトポーカーでのドワンの100万ドルチャレンジ

ドワンはジョージの2ペア(エースとシックス)に対して7–2でブラフしていました。

ジョージは、6倍のプリフロップレイズを行った後、ドワンが7-2でブラインドが欲しいと言っていたにもかかわらず、長考ののちフォールド。

結果、ジョージは立て続けに750,000ドルを失ったのです。

ドワンは、3試合のうち2試合で勝利をおさめ、最終的に795,500ドルの賞金を獲得しました。

Tom Dwan (トムドワン) の現在

Tom Dwan (トムドワン) の現在

2016年、ドワンは秘密裏に行動することが増え、実際にその年のWSOPは欠席しました

彼はリチャード・ヨンのカジノでプレーするためにモンテネグロに旅行していたと噂されています。

しかし、彼はマニラでの「トリトンスーパーハイローラーシリーズ」の第3版を含む2つのイベントに出席しており、ダニエルケイツと一緒にいたことを目撃されています。

最近では、ドワンは一般的なテキサスホールデムを卒業し、もっぱらショートデッキホールデムをプレイしています。

ポーカーニュースへのインタビューで、彼はポーカーをスポーツというよりゲームのように思っていると述べました。

また多くのプレーヤーがドワンの真似をして、手元のカードを凝視する仕草をすることにうんざりしているとも言っています。

出典元:YouTube

トムドワンの私生活

トムドワンの私生活

ドワンは2018年1月27日にツイッターアカウントで、インスタグラムアカウント名が「durrrrswife」であるビアンカ・ロッシと結婚する予定であると発表した。

伝説のギャンブラーもついに落ち着いてしまうのですね。

結婚後にポーカーのプレースタイルに変化があるのかも注目ですね!

最強すぎる?Tom Dwan (トムドワン)のベストプレー3選!

最強すぎる?Tom Dwan (トムドワン)のベストプレー3選!

ここまでトムドワンの経歴や私生活について紹介しました。

ここでは、トムドワンの今まで遊んできたハンドの中で、素晴らしいプレー3選をワクワク編集部が選んで紹介します。

Tom Dwan (トムドワン)のベストプレー1. 当時のキャッシュゲームで最大のポット

伝説のポーカー番組High Stakes Pokerでのハンド。

相手は知名のポーカープレーヤーBarry Greensteinです。

出典元:YouTube

ドワンはとても積極的なプレーヤーとして有名。

Flopでお互いに勝率50%でオールインしました。

ポットの大きさはなんと$919,600 (約1億円)!当時の記録でテレビ放送で最大のポットでした。

ドワンは当時たっだの22歳、すごすぎですね!

Tom Dwan (トムドワン)のベストプレー2.

2021年のHigh Stakes Pokerのハンドです。

Preflopでの3人オールイン。相手はJRBことJean-Robert-Bellandと女性プレーヤーのLynn Ji。

出典元:YouTube

ドワンがQQでPreflopであえて3betせずにコール。

JRBがA♣K♣で3betしたところでドワンが4bet、そしてLynnとJRBがオールイン。

悩んだすえ、ドワンもコールしました。ポットはなんと$985,000

すごすぎる...

ポーカーの3betについて知りたい方は▼

Tom Dwan (トムドワン)のベストプレー3.

これは2017年のPoker After Darkでのハンド。

しばらくテレビに出ていなかったドワンが久しぶりの出演でモンスターポットを勝ちました。

ハンドに入っている3人はDaniel Negreanu、Antonio Esfendiariとみんなポーカー界の大物。

出典元:YouTube

EsfandiariがKKのオープンに対して、NegreanuがQQで3bet。

Daniel Negreanuについて知りたい方は▼

ドワンのハンドがなんとAA!もちろん4bet。

この3人がこのハンドでぶつかるとは....さすがドワン....持ってますね。

Esfandiariの5betにNegreanuはQQをフォールド。ドワンはオールイン

結局Esfandiariはコールして、$697,100のポットになりました!

これはEsfandiariもドワンでなければコールしていなかったでしょう。

トムはアグレッシブで色々なハンドで賭け金を釣り上げるので、KKをフォールドできなかったのでしょう。

伝説のポーカープレーヤーTom Dwan(トムドワン)まとめ

伝説のポーカープレーヤーTom Dwan(トムドワン)まとめ

今回はドムドワンの生い立ちからポーカーの経歴と私生活まで漏らすことなく紹介しました。

$50から這い上がってきたなんて、本当に夢がありますね!

彼のプレイスタイルはとてもアグレッシブで、見ているこっちも一緒にドキドキできます

同時にとても勉強にもなるので、みなさんもぜひTom Dwan (トムドワン)に注目してください!

おすすめの記事