ポーカー 年収
ゆうた
ゆうた
「ポーカープロの年収はどれくらい?」
「あの人はいくら稼いでるのかなあ...」

日本ではまだ馴染みが薄いかもしれませんが、プロポーカープレイヤーはアメリカで人気の職業トップ3にも入るほどの憧れの職業です。

この記事では、そんなポーカープレイヤーがどのようにいくら稼いでいるかを徹底解説!

✔この記事でわかること
  • プロポーカープレイヤーとは?
  • プロポーカープレイヤーの年収は?
  • あの有名人はいくら稼いでる?
  • プロポーカープレイヤーになるには?

日本でもこれからどんどん知名度が上がっていきそうなポーカー。この記事を読んでしっかりプロポーカープレイヤーについて知っていきましょう。

ポーカープロとは?専業でポーカーをして生計を立てる人!

ポーカーに限らずですがプロの定義として、その物事を専業として、それで生計を立てている人を指します。

しかし当然ながら勝負の世界は厳しく、ポーカーで生計を立てて行けるのはポーカープレイヤーの内上位10%ほどだと言われています。

抜きん出た実力が無いとポーカープロを名乗るのは難しそうです。だからこそかっこ良く見えますし、憧れてしまいますね。

続いて気になるポーカープロの年収と内訳を見ていきましょう。

ポーカープロの年収は?収入の内訳を解説

結論から言うと一般的なポーカープロの平均年収は400~600万円ほどのようです。

これだけ聞くと一ヶ月だいたい40万円くらいで、「サラリーマンと同じくらいだなあ...」と感じる人も多いと思います。年間で平均換算すると確かにそうですが、勝負の世界なので当然月間でマイナス収支の月もあります。

しかも海外のライブカジノで仕事をするポーカープロ達は、飛行機代、宿泊代等を当然自分で支払うため、負けが込んでくると一気に破産なんて可能性もあります。

トムドワンはオンラインポーカーから始めた

収入の内訳ですが、実際一般人がポーカープロの年収を計算しようとして把握できるのは、トーナメントの賞金だけです。

他にはどんな収入源があるかと言うと、キャッシュゲーム、オンラインカジノ、スポンサーとの契約料などがあります。

順番に内容を見ていきましょう。

キャッシュゲーム

ポーカー 年収

一般的なポーカープロの稼ぎ方です。現地のカジノでキャッシュゲームを繰り返し稼いでいきます。

ポーカーが盛んな国はアメリカ、スペイン、イギリス、モナコ、オーストラリア、マカオ、フィリピン等になるので、実際に現地へ行きゲームをすることになります。

時給で評価されることが多く、稼いだ額/プレイした時間で計算されます。勝率を上げることはもちろんですが、よりレートの高いゲームでプレイする事も重要になります。

トッププロになると時給は数万円〜数十万にもなるため、私たちがイメージするアルバイト時給の10倍以上になってきます。

トーナメント

ポーカー 年収

出典元:PokerNews

トーナメントとは賞金を稼ぐことが目的のポーカーの大会です。優勝賞金が億単位の大会もあるため、入賞できればとても大きな収入となります。

ただキャッシュゲームに比べ多くの資金を必要とするのと、上位10~20%のプレイヤーしか賞金が獲得出来ない仕組みになっているため、プロでもトーナメントで賞金を獲得するのはむずかしいです。

多くのプロは、キャッシュゲームと組み合わせながらトーナメントに出場しています。

オンラインカジノ

ポーカー 年収

どこにいてもプレイする事ができるオンラインカジノで稼いでいるプロも多くいます。

色々なサイトがありますが、ライブカジノに比べると同じレートのテーブルでも格段にレベルが高くなる印象です。

同時にいくつかのキャッシュゲーム、トーナメントに参加しプレイする事が出来ることも魅力で、プロは実際にいくつものテーブルで同時にプレイしています。

【超レア】スポンサーとのプロ契約

スポンサーと契約して契約料を受け取る方法も有ります。スポンサー契約をするからには、ポーカー界の有名人である必要があるため、相当な実績が無いと難しいでしょう。

例を挙げると、世界最大のオンラインポーカーサービス「Poker Stars(ポーカースターズ)」と契約を結ぶためには、ポーカースターズが主催する参加費が100万円以上の大会に出場し、優勝するくらいの実績が無いと難しいです。

ポーカープロの中でもさらにほんの一握りのトッププロでないと、プロ契約は取れないと思った方がいいですね。

世界のポーカープロはどれくらい稼いでる?BEST3の獲得賞金を公開!

世界で有名なトッププロ達の、獲得賞金世界ランキングBEST3を見ていきましょう。

キャッシュゲームで稼いだ分は把握できない為、トーナメントの獲得賞金での金額になるので実際はこれよりもずっと多く稼いでいると思われます。

参考サイト:The HENDON Mob
※2022年2月13日現在

ポーカーの獲得賞金ランキング3位!Daniel Negreanu(ダニエルネグラヌ)

出典元:ダニエルネグラヌ公式サイト

獲得賞金は約52億円です。

彼はお金持ちになるため16歳でギャンブルの世界に入り勝ち続け、高校を中退しポーカーの道に進んだという異色の経歴の持ち主です。

知名度で言うと世界で最も有名なポーカープレイヤーであり、イケオジっぷりから映画にも多数出演するなど、そのマルチな才能には驚かされるばかりです。

Daniel Negreanuについて詳しく知りたい方は▼

ポーカーの獲得賞金ランキング2位!Justin Bonomo(ジャスティンボノモ)

出典元:PokerNews

獲得賞金は約66億円です。

彼はポーカープレイヤーとして活躍する前は、カードゲームのマジックギャザリングのプレイヤーだったそうです。2005年に当時19歳でテレビで放映されるファイナルテーブルの最年少プレイヤーになりました。

その後も活躍を続け、2018年には獲得賞金ランキング1位に長年君臨していたDaniel Negreanuを抜き、世界一になりました。

ポーカーの獲得賞金ランキング1位!Bryn Kenny(ブリンケニー)

出典元:PokerNews

獲得賞金はこちらも約66億円です。2位との差はほんの僅かでした。

彼もまた12歳で始めたマジックギャザリングで才覚を発揮し始め、その時知り合ったJustin Bonomoらのポーカープレイヤーと知り合いポーカーに移行したそうです。

驚きなのが、獲得賞金の半分以上を2019年に稼ぎ出したこと。猛スピードでポーカー獲得賞金ランキング1位になった彼を追い抜く存在が現れるのか注目です。

あの人はいくら稼いでる?気になる日本のポーカープロの年収

ポーカー 年収

日本のトッププロ達はどうでしょうか。世界BEST3は少し現実離れしすぎていてイメージが湧きづらいと思います。

日本のトップはどのくらいなのかは一番気になる部分ですよね。それでは見ていきましょう!

世界のヨコサワの年収

世界のヨコサワの現在は?渋谷でカジノ作り?

引用元:世界のヨコサワ公式YouTube

世界のヨコサワさんは相方のひろきさんと共に、YouTuberとしての活動やポーカールーム「ROOTS  SHIBUYA」の運営、グッズ販売など実にマルチな活躍をされています。

ポーカープレイヤーとしての年収だけでも、過去3年の平均額を計算すると約1000万円となります。

その他の収入も入れると、相方のひろきさんと合わせて約7000万円と言われていますが、これからのポーカー人気やコロナ禍からの復活を考えると、益々増えていきそうな勢いがあります。

世界のヨコサワについて詳しく知りたい方は▼

じぇいそるの年収

ポーカー 年収

出典元:じぇいそる公式Twitter

じぇいそるさんはラスベガス在住のポーカープロで、マカオで4年、フィリピンで1年半を過ごして現在ラスベガスで7年目になる生粋のギャンブラー・ポーカープレイヤーです。

現在はYouTuberとしても活躍されていて、ラスベガスではサロンやHair&Eyelash ViViの運営なども手掛けているそうです。

今までの獲得賞金を元に年収を計算すると約2000万円です。他の収入も合算すると4000万円~5000万円程になります。

しゅんポーカーの年収

ポーカー 年収

出典元:しゅんぽーかー公式YouTube

しゅんポーカーさんは現在24歳のプロギャンブラーで、ポーカーの収入の他にSNSの広告収入やクラブ運営の収入が有ります。

収入は約800万円と言われていますが、実はその金額の中にはポーカーでの収入は含まれていません。ギャンブルのメインはオンラインポーカーで、その収入を合わせると約2000万円ほどはありそうです。

世界のヨコサワさんに憧れてポーカーの道へ進んだそうで、YouTubeの概要欄にはヨコサワさんの動画のURLが記載されているほど尊敬されているようです。

木原直哉の年収

ポーカー 年収

出典元:Japan Open Poker Tour

木原直哉さんの年収は約1500万円だと言われています。

木原さんはノーベル賞を取りたくて東京大学に入学しましたが、段々授業に面白みを見いだせなくなり将棋や麻雀、ポーカーに没頭するようになりました。

卒業後は就職せずポーカープロの道へ。彼はカジノギャンブルのキャッシュゲームではなく、スポーツとして世界中の猛者が集まるトーナメントを選びました。

カジノならもう少し楽に稼げそうですが、常に強い相手と勝負することにこだわっているそうです。ストイックな天才ってカッコよすぎますね!

専業ポーカーで稼ぐには?ポーカーで年収をあげるに必要なもの

ポーカー 年収

専業ポーカーで稼ぐには、まずはオンラインポーカーがおすすめです。

オンラインポーカーなら時間や場所を選ばずどこでもプレイ出来るので、カジノまでの交通費や宿泊代が掛かりません。

簡単に複数のテーブルでプレイする事もできますし、マイクロステークスという低いレートから始められるので、初心者にとっても始めやすいです。

ポーカーの場数を増やしてスキルを磨く

スキルを磨いていかなければ当然お金は稼げません。ポーカー慣れするためにオンラインポーカーで数をこなすのももちろん良いでしょう。

日本には現在カジノはありませんが、ポーカールームやアミューズメントカジノと呼ばれる場所でポーカーを楽しむ事ができます。中には無料で初心者講習を受けられるお店もあるので、足を運んでみるのもいいかもしれません。

このような場所はポーカーを愛する人達が集まり情報共有もできるので、1人でひたすらオンラインポーカーをやるよりモチベーションアップに繋がるでしょう。

ポーカーの本や動画で勉強する

勝ちたいと思って闇雲にポーカーをプレイし続けるだけでは、勝てるようになれません。ポーカーは運で勝敗が決まるだけのギャンブルではなく、知識や実力が勝敗に大きく左右するマインドスポーツだからです。

本を読んで知識として吸収することも大切です。本を読むのは苦手だという方は、動画を見て学ぶのも良いでしょう。

資金管理(バンクロール)を覚える

バンクロール管理とは、プレイするためのお金の管理をすることです。ポーカーは確率のゲームですから、普段通りのプレイができていても、確率が下振れて連敗してしまう事もあります。

予想以上の出費でポーカーをプレイするお金が底をついてしまったら、逆転のチャンスさえなくなってしまいます。生活資金とポーカーで使う資金は完全に切り離す事がまず第一です。

ポーカーで生活していくわけですから、長期的な資金の管理をしていく事もポーカープロとして必要なことになります。

プロポーカープレイヤーの年収まとめ

ゆうた
ゆうた
「ギャンブルで生きていくなんて無理だ...」

なんて思われる方もいらっしゃると思いますが、ポーカーは安定して稼ぐことができるギャンブルです。

✔この記事のまとめ
  • ポーカーは安定して稼げる
  • 中には数十億稼いでいるプロもいる
  • 安定して稼ぐには練習が必要

オンラインポーカーやアミューズメントカジノなど、気軽にポーカーに触れられる環境が整っています。

もしポーカーに少しでも興味がありましたら、第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事