特集一覧
Daniel Negreanu(ダニエルネグラヌ)!ポーカーの経歴は?私生活や獲得賞金は?

地球上で最も有名なポーカープレーヤーと言われるDaniel Negreanu (ダニエルネグラヌ)

2014年には、ポーカー殿堂入りを果たしている、オールラウンドプレイヤーです。

他に、映画出演やYouTuberとしても活躍していて、ポーカー界のイケオジとしても注目されています。

ここで、ダニエルネグラヌの偉業を3つご紹介しますね。

✔ダニエルネグラヌの偉大なエピソード

・ワールドシリーズオブポーカーのブレスレット(6回)
・ワールドシリーズオブポーカーのファイナルテーブル(39回)
・ワールドポーカーツアーのタイトル(2回)

上記エピソードの中でも、ワールドシリーズオブポーカーのファイナル進出回数39回は、スゴイ数字です。

今回の記事では、地球一有名なポーカープレーヤーDaniel Negreanu (ダニエルネグラヌ)を紹介します。

ダニエルネグラヌのポーカーキャリア獲得賞金プレイスタイル現在奥さんにも触れていくので、ぜひ最後まで読んでください!

Daniel Negreanu (ダニエルネグラヌ)がポーカーを始めたきっかけ

ダニエルネグラヌ公式サイトトップページ

引用元:danielnegreanu.com(ダニエルネグラヌ公式サイト)

ダニエルネグラヌは、ルーマニア移民である両親の第二子として、1974年7月26日にカナダのオンタリオ州トロントで生まれました。

ダニエルネグラヌが、まず目指したのはお金持ちです。

4才の頃に「お金持ちになる!」と語ったエピソードが残っていて、ビリヤードの一種であるスヌーカー選手を目指したこともあったとか。

16才の頃には、ビリヤード場に出入りし、スポーツ賭博やいかさま賭博、カードゲームなどで遊んでいたといいます。

ビリヤード

ビリヤード場ではじめたカードゲームと相性のよさや手応えを感じていったダニエルネグラヌ。

「これなら金持ち目指せそう!」と思ったのかもしれませんね。

その後、単位を落としたダニエルネグラヌは高校を中退し、ポーカー三昧の日々を送ることに決めたようです。

いわゆるラウンダーへ10代で転身したダニエルネグラヌは、倍以上も年のはなれた大人を相手に勝ち続けたとか。

ダニエルネグラヌのポーカー初期、カナダのトロントでのポーカー戦績は、好調にスタートしたようです。

Daniel Negreanu(ダニエルネグラヌ)のポーカー経歴

カードとチップ

ダニエルネグラヌのポーカーキャリアは、2つのステージに別れています。

  • トロントとハリウッド往復の初期
  • 1997年トーナメント優勝後の後期

初期は、トロントとハリウッドの往復を余儀なくされた不遇時代です。

その後、1997年のフォックスウッズリゾートカジノで開催されたトーナメント優勝から、ダニエルネグラヌの躍進がはじまります。

それでは、ダニエルネグラヌのポーカーキャリアとして、初期・後期に分けてそれぞれ簡潔にご紹介です。

ダニエルネグラヌのポーカー経歴初期

ラスベガスの看板

トロントでは向かうところ敵無しのダニエルネグラヌは、カジノのメッカであるラスベガスを目指します。

バンクロールを全て詰め込み、ラスベガスへ乗り込んだのは、ダニエルネグラヌ21才のときでした。

このとき、ハリウッドでバンクロールを全て失い、トロントへ帰国

トロントでバンクロールを再建して、22才で再度ハリウッドへ戻ります。

このトロントとハリウッドの往復は、1度だけではありません。

ダニエルネグラヌのハリウッドデビューは、バンクロールを失い、トロントで再建するというサイクルを余儀なくされたのです。

しかし、ダニエルネグラヌは、あきらめることなく、ラスベガスのカジノで挑み続けました。

ダニエルネグラヌのポーカー経歴後期

山積みチップ

ダニエルネグラヌのポーカー経歴後期は、1997年フォックスウッズのワールドポーカーファイナルからスタートします。

フォックスウッズで、2つのイベントを含む3回のトーナメントで優勝

獲得賞金は$55,064(約630万円)で、トーナメント最高の栄誉でもあるオールラウンドプレーヤーに選ばれました。

毎年何億もの賞金を獲得しているダニエルネグラヌですが、最初のトーナメント獲得賞金は$5.5万。

一般的には十分な大金ですが、プロポーカーとしては物足りない獲得賞金かもしれません。

ですが、翌年1998年に、ワールドシリーズオブポーカーでブレスレットを最年少で獲得。

1997年のフォックスウッズ優勝から、ダニエルネグラヌのプロポーカー道が好転したのはまちがいありません。

Daniel Negreanu(ダニエルネグラヌ)のポーカー戦績

チップが落ちる写真

ダニエルネグラヌがラウンダーとして生活をはじめて、1997年のブレスレット獲得まで、ざっと6年ほどかかっています。

ダニエルネグラヌのプレイスタイルは、スモールポール戦略と言われています。

小さな勝利から確実に勝ちを狙うといったプレイスタイルです。

バンクロールを失いトロントで再建というサイクルを続けたダニエルネグラヌ。

勝ちへの執着や勝利イメージをしっかり持っていないと続かない生活ですよね。

ラスベガスでの挫折がダニエルネグラヌのプレイスタイルに影響しているのかもしれません。

続いて、1997年以降のダニエルネグラヌの活躍について、トーナメントキャッシュゲームオンラインゲームに分けて、彼の功績を振り返ってみましょう。

Daniel Negreanu(ダニエルネグラヌ)のトーナメント戦績

トランプの山を持つ手

ダニエルネグラヌ最初のブレスレット獲得は、1998年のワールドシリーズオブポーカーでした。

これ以降、多数のトーナメントでファイナテーブル出場やブレスレット獲得などプロポーカーとして好調をキープ。

そこで、ダニエルネグラヌのトーナメント戦績について、WSOP・WPT・その他のトーナメントそれぞれを簡潔に解説します。

ワールドシリーズオブポーカー(WSOP)

WSOPのダニエルネグラヌプレイヤーページ

引用元:www.wsop.com

ワールドシリーズオブポーカー(以下、WSOP)公式サイトのダニエルネグラヌのプロフィールページが、上記です。

こちらのページから、ダニエルネグラヌのWSOP獲得賞金(Earnings)$21,109,553(約24億円)!と分かります。

獲得賞金の他にも、WSOPでダニエルネグラヌに関する注目エピソードがありますので、3つご紹介。

✔ダニエルネグラヌWSOP注目エピソード

・1997年に初WSOPブレスレット獲得(当時、最年少記録
WSOPブレスレット6つ獲得

ファイナルテーブル進出、39

続いて、それぞれのエピソードを解説します。

■1997年に初WSOPブレスレット獲得

1998年、ダニエルネグラヌは、WSOPポーカーイベントに初めて参加しました。

このとき、$2,000ポットリミットホールデムで優勝。

23歳でブレスレット獲得は、当時の史上最年少記録です。

このことから、「KidPoker(キッドポーカー)」というニックネームでも呼ばれるようになりました。

公式Twitterを”@RealKidPoker”として登録していることから、ダニエルネグラヌも気に入っているニックネームのようです。

■WSOPブレスレット6つ獲得

WSOPのwinnersページダニエルネグラヌ

引用元:www.wsop.com

ダニエルネグラヌは、WSOPのブレスレットを6つ獲得しています。

これは、上記WSOP公式サイトのブレスレット&リングウィナーズランクにも明記されていることです。

他に、こちらのページで分かることは、Earnings順にするとランク2位ブレスレット獲得順位でも9位に(2022年1月調べ)。

また、ダニエルネグラヌは、アメリカで行われるWSOPだけではなく、オーストラリアやヨーロッパのWSOPトーナメントへ遠征しているようです。

続いて、ダニエルネグラヌのWSOP獲得ブレスレット獲得賞金内容を表でご紹介します。

●ワールドシリーズオブポーカーブレスレット

トーナメント・イベント 獲得賞金
1998年 $2,000ポットリミットホールデム $169,460
(約2千万円)
2003年 $2,000S.H.O.E. $100,440
(約1.1千万円)
2004年 $2,000リミットホールデム $169,100
(
約2千万円)
2008年 $2,000リミットホールデム $204,874
(約2.3千万円)
2013年
(WSOPA)
A$10,000ノーリミットホールデムメインイベント A$1,038,825
(約8.8千万円)
2013年
(WSOPE)
€25,600ハイローラーノーリミットホールデム €725,000
(約9.5千万円)

こちら6回のブレスレット獲得時だけで、獲得賞金合計は約2億6千万円!になっています。

他に、2006年には、多数のカジノで開催されるWSOPCircuitトーナメントで優勝して、リングを獲得。

WSOPCircuitと合わせると、ダニエルネグラヌのWSOP優勝は7回ということになります。

■ファイナルテーブル進出、39回

ダニエルネグラヌはWSOPで、39回ファイナルテーブルに進出しています。

この数字から分かることは、ダニエルネグラヌが、毎年WSOPでいくつものイベントに参加しているということ。

その上、何度もファイナルテーブルに座っていることからも、オールラウンドプレイヤーにまちがいないエピソードの1つです。

ワールドポーカーツアー(WPT)

WPTのダニエルネグラヌページ

引用元:www.worldpokertour.com

ワールドポーカーツアー(以下、WPT)公式サイトのダニエルネグラヌのプロフィールページが、上記です。

こちらのページから分かることの1つが、ダニエルネグラヌのWPT獲得賞金(Career Earnings)$6,437,353(約7.4億円)!

成功者と言われるプロポーカーたちの獲得賞金額、億越えは当たり前のようですね。

続いて、WPTでのダニエルネグラヌ関連エピソードを3つ紹介。

ダニエルネグラヌWPT注目エピソード

・2004年WPTブレスレット2つ獲得
・2004年プレーヤーオブザイヤー獲得
・ファイナルテーブル進出、9

続いて、それぞれのエピソードを簡単に紹介します。

■2004年WPTブレスレット2つ獲得

2004年、ダニエルネグラヌはWPTポーカートーナメントで2つのブレスレットを獲得しています。

はじめに、ダニエルネグラヌのWSOP獲得ブレスレット獲得賞金内容を見てみましょう。

●ワールドポーカーツアーブレスレット

トーナメント・イベント 獲得賞金
2004年 $10,000ボルガタポーカーオープン $1,009,100
(約1.1億円)
2004年 $15,000ファイブダイアモンドワールドポーカークラシック $1,795,218
(約2億円)

こちら2つのブレスレット獲得だけで、獲得賞金合計は約2億2千万円になっています。

2004年というと、WSOPの$2,000リミットホールデムでも、ブレスレットを獲得

また、WSOP・WPTなどポーカートーナメントにおいて11回ファイナルテーブルへ出場した年でもありました。

そのため、2004年の獲得賞金総額は、$ 4,465,907(約5.1億円)に!

■2004年プレーヤーオブザイヤー獲得

2004年は、ダニエルネグラヌのポーカーキャリア最高の一年と言われています。

ダニエルネグラヌ2004年の注目エピソード

  • WPTシーズン3プレーヤーオブザイヤー
  • WSOPプレーヤーオブザイヤー
  • カードプレーヤーマガジンプレーヤーオブザイヤー

2004年は、WPTだけではなくWSOPや大手マガジンのプレイヤーオブザイヤーを獲得したダニエルネグラヌ。

年間の獲得賞金額もスゴイ一年でもあり、プロポーカーとして多くの人から認められた一年にもなったのです。

■ファイナルテーブル進出、9回

出典元:YouTube

ダニエルネグラヌは、WPTでファイナルテーブルに9回出場しています。

ポーカー専門YouTubeチャンネルFuryTVで、ダニエルネグラヌのWPTテーブルの様子やハンドの分かる動画が上記です。

ダニエルネグラヌは、WPTトーナメントの緊張感にも動じず、笑顔でよくしゃべっていたり、観客へ話しかけたりしています。

さすが、テレビ出演やインタビュー慣れした、人気プロポーカーといった感じです。

一方、この笑顔で他のプレイヤーにも話しかける姿、ダニエルネグラヌのプレイスタイルの1つ。

ダニエルネグラヌに応じる他プレイヤーたちの表情に、「この笑顔や話術にだまされたくない!」といった気持ちがにじみ出ているような気もしますね。

その他のトーナメント

キングのカードとトランプ

ダニエルネグラヌがプロポーカーとして最初に大きな成功をつかんだのは、1997年のフォックスウッズリゾートカジノでのワールドポーカーファイナルです。

こちも含めたダニエルネグラヌのトーナメント関連エピソードをご紹介すると、

  • 1997年 フォックスウッズ ワールドポーカーファイナル優勝 獲得賞金$55,064(約630万円)
  • 2008年 第4回ブリティッシュコロンビアポーカーチャンピオンシップ メインイベント優勝 獲得賞金$371,910CAD(約3.4千万円)
  • 2016年 PokerStars.net主催SharkCageトーナメント優勝 獲得賞金$100万(約1.1億円)

2008年のトーナメントでは、ダニエルネグラヌ個人の獲得賞金最高額を突破した記念すべきイベントでもありました。

多数のポーカートーナメントで賞金を獲得しているダニエルネグラヌ。

2020年1月時点で、ライブトーナメントの賞金総額は$42,000,000(約48億円)を超えているんだそうですよ!

Daniel Negreanu(ダニエルネグラヌ)のキャッシュゲーム戦績

ハイステークスポーカー公式サイト

引用元:GSN公式サイトのハイステークスポーカーアーカイブページ

上記写真は、High Stakes PokerというTV番組の紹介ページです。

High Stakes Pokerは、プロポーカー出演で無制限テキサスホールデムのキャッシュゲームをする番組

左から3人目にダニエルネグラヌの写真が掲載されていますね。

では、ダニエルネグラヌのキャッシュゲーム関連エピソードとして、3つのエピソードを箇条書きから紹介です。

  • ベラージオのハイステークスルーム”ボビーの部屋
  • High Stakes Poker(ハイステークスポーカー)の7シーズン
  • PokerStars BigGameの2シーズン

ベラージオカジノにあるボビーの部屋は、プロポーカープレイヤーもプレイすることでも有名な、ビッグゲーム開催のポーカールームです。

また、ダニエルネグラヌは、ポーカーTV番組のキャッシュゲームにも参加しています。

High Stakes Pokerでは、ダニエルネグラヌは7シーズン全てに出演

また、Pokerstarsとスポンサーシップを結んでいた当時、PokerStars BigGameというTV番組へも出演しています。

Daniel Negreanu(ダニエルネグラヌ)のオンラインゲーム戦績

ggpokerworldダニエル動画ページ

引用元:https://ggpoker.world/

ダニエルネグラヌは、オンラインポーカーサービスとスポンサーシップを結んでいます。

2005年にPoker Mountainというオンラインポーカーサイトで、プロのスポークスマンになっていましたが、早期に関係を解除。

2007年からはPokerStarsと契約、他に、GGPokerでGGTeamのメンバーにもなっています。

こういったオンラインポーカーとの契約にプラスして、オンラインポーカーのトーナメントにも参加。

ダニエルネグラヌのオンラインポーカー戦績を箇条書きで2つご紹介します。

  • 2013年 オンラインポーカー春のチャンピオンシップ(SCOOP)$216,000 (約2.4千万円)
  • 2016年 オンラインポーカーの世界選手権(WCOOP)$61,865.47 (約700万円)

ダニエルネグラヌは、オンライントーナメントでも賞金を獲得しています。

トーナメントの獲得賞金にプラスして、スポンサーシップ収入もあるということです!

Daniel Negreanu(ダニエルネグラヌ)のポーカー以外の活躍

ダニエルネグラヌyoutubeチャンネル

引用元:YouTube

ダニエルネグラヌによる公式YouTubeチャンネルが、上記です。

YouTuberとしても活躍するダニエルネグラヌは、2005年から、視野を広げるための多彩なビジネスを手がけています。

2005年当初に手がけたのは、本への寄稿や執筆です。

その後、オンラインポーカーチームへ参加したり、配信サイトのポーカーゲームへ出演したり、映画やミュージックビデオにも出演。

続いて、ダニエルネグラヌの本・執筆についてと映像出演について、それぞれ簡潔にご紹介します。

ポーカー本を執筆

ダニエルネグラヌの本

引用元:www.amazon.co.jp

ダニエルネグラヌは、ポーカー関連本の執筆もしています。

2007年に『More Hold'em Wisdom for all Players』2008年に『Power Hold'em Strategy』を出版。

どちらも原文のままならKindleでダウンロードできます。

『More Hold'em Wisdom for all Players』の口コミには”高校生レベルの英語でOK”ともあるので、気になる人はサンプルを読んでみてください。

Doyle Brunson (ドイルブランソン)の『Super Systems 2』への寄稿もしています。

amazon wkwk banner

ポーカープレイヤーとして映画やTVに出演

出典元:YouTube

こちらのYouTube動画は、PokerStars制作、Netflix配信のダニエル・ネグラヌ本人出演のドキュメンタリー映像のCMです。

この他に、ダニエルネグラヌは、ポーカープレイヤーとしてカメオ出演したりポーカープレイヤー役で出演したりと、役者としても活躍の場を広げています。

出演の映画や配信番組、ミュージックビデオなどを箇条書きでご紹介すると、

  • 映画 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』『LuckyYou』『The Grand』
  • MV ケイティ・ペリー『Waking Up in Vegas』
  • テレビ番組 『Tilt』他

上記以外にも、配信番組でポーカーのキャッシュゲームに参加することも多数あります。

Daniel Negreanu(ダニエルネグラヌ)の私生活

バイクのカップル

ダニエルネグラヌは、ルーマニア移民夫婦の第二子として、カナダのトロントで生まれました。

ノースヨークのパインウェイ公立学校では、校長先生から呼び出された母親が「このままでは退学!」と言われたこともあるんだとか。

高校は単位不足をきっかけに、あっさり中退していることから、やりたいことに専念する性質というのは、元々もっていたのかもしれませんね。

ちょっと素行の悪そうな学生時代を過ごしていたダニエルネグラヌ。

2009年には、アメリカのグリーンカードを受け取れるほどプロポーカーとして成功するとは、この頃は誰も思っていなかったでしょう。

その私生活について、元彼女と奥さん食生活趣味について、公式Twitterも引用しながら簡潔に解説します。

Daniel Negreanu(ダニエルネグラヌ)の奥さんと元彼女

ダニエルネグラヌの奥さんは、2019年に結婚したAmanda Leatherma(アマンダレザーマン)です。

上記Twitterでは、ハートの絵文字つきで『まだ夢の中にいるみたい。彼女のことを愛し続けるよ。』といった内容のツイートがあります。

公式InstagramやTwitterで指輪を渡すところや、記念日を祝うツイートなどをアップしているので、気になる人はチェックしてみてください。

続いて、ダニエルネグラヌの元彼女・元奥さんについてご紹介します。

イブリンのWPT公式ページ

引用元:www.worldpokertour.com

ダニエルネグラヌのトロント時代の彼女は、プロポーカーでアジア系美人のイブリン・ン

2003年にWPTサーキットで名声を博した経歴の持ち主で、上記のようにWPTにプレイヤーページが残っています。

ただ、この頃には、ダニエルネグラヌとは別れていたよう。

また、最初に結婚したのは2005年ロリリンウェーバーとでしたが、2年で破局しています。

アマンダレザーマンとの結婚は、永く続くといいですね。

Daniel Negreanu(ダニエルネグラヌ)はベジタリアンからビーガンへ

ダニエルネグラヌは、2000年にベジタリアン(菜食主義者)になり、2006年からビーガンになっています。

上記Twitterのように、肉以外の食材でできているとは思えないビーガン食を食べているようですね。

ダニエルネグラヌの主張によると、食生活を変えたことで、ポーカープレイヤーとしてもより良い状態になったとのこと。

ビーガンと同時期に、PETAという動物の権利団体にも賛同しているようです。

Daniel Negreanu(ダニエルネグラヌ)の趣味

出典元:YouTube

ダニエルネグラヌは、ポーカーをしていないとき、ゴルフやオンラインゲームなどを楽しんでいるようです。

上記のダニエルネグラヌ公式YouTube動画では、ハースストーンというオンラインデジタルトレーディングカードゲームをプレイしています。

その腕は、2015年のハースストーンワールドチャンピオンシップに、WSOP・WPTチャンピオンでプロゲーマーのElkYとのショーマッチに招待されるほど。

また、ダニエルネグラヌは愛犬家で、ムーシュという小型犬と一緒に過ごす時間も大切にしているようですよ。

カナダのプロポーカーDaniel Negreanu(ダニエルネグラヌ)まとめ

ダニエルネグラヌ公式Instagram

引用元:ダニエルネグラヌ公式Instagram

ダニエルネグラヌは、世界一のポーカープレイヤーです。

動画配信や公式Twitterなどでのファンサービスも、プロらしい対応ができるプロ中のプロでもあります。

そのため、映画やテレビ出演なども気になるところですが、なんといってもポーカーの経歴と獲得賞金がスゴイ!

  • ブレスレット WSOP6つ・WPT2つ獲得
  • 獲得賞金$42,000,000(約48億円)以上
  • プレーヤーオブザイヤーを何度も獲得

初回のラスベガスでの挫折に屈することなく、挑み続けたメンタルの強さも圧巻です。

オンラインポーカーでもチームに所属し大活躍中で、食生活をビーガンにした後コンディションも良好とのこと。

私生活も順調のダニエルネグラヌの今後の活躍に大注目です!

おすすめの記事